GRAND AUDITORIUM

CAG-100HW

¥80,000(税抜)

引き締まった低音から、きらびやかな高音までバランスとレスポンスの良いサウンドのグランド・オーディトリアムは、ゼマイティス特有の口径の大きいハート形状のサウンドホールにより、豊かなサウンドと、その広がりを与えている。
ダイヤモンド・インレイが輝く特徴的なヘッドストックを持ったネックはマホガニー、フィンガーボードにはローズウッドを採用した14フレット・ジョイントのモデルで、ブレーシングはスキャロップド・Xブレーシング。
ゼマイティスならではのハートサウンド・ホールが特徴。
ボディは板材の時に真空状態で熱を加えることで余分な水分やミネラルを取り除いたソリッド・シトカ・スプルースをトップに、サペリをサイドとバックに採用することで、狂いの出にくい安定したボディ剛性を実現し、湿度や気温などの外部要因でサウンドが変化しやすいアコースティック・ギターにとって大きなアドバンテージとなっており、さらに高いコストパフォーマンスも実現。ゼマイティス・アコースティック・ギターの新たな1ページを開くモデル。

CAG-100HW

Shape
Grand Auditorium
Top
Solid Sitka Spruce
Back & Sides
Laminated Sapele
Bracing
Scalloped X
Neck
Mahogany
Nut Width
1 11/16” (43mm)
Fingerboard & Bridge
Rosewood
Fingerboard Radius
16” (406mm)
Nut & Saddle
Bone
Scale
25 1/2” (648mm)
Frets
19
Finish
Urethane
Body Length
19.881” (505mm)
Body Width (Upper)
11.653” (296mm)
Body Width (Lower)
15.866” (403mm)
Body Depth (Upper)
3.818” (97mm)
Body Depth (Lower)
4.645” (118mm)
Case
Gig bag
  • 1
  • 2
  • 3

1クラシカルな口髭の様な形状のマスターシュ・ブリッジ。

2サウンドに広がりを与えるハート形状の大型サウンドホールと、ローズウッドやマホガニーなどを使用した木象嵌が幾重にも重ねられたバインディングとロゼッタ。

3マザー・オブ・パールのダイヤモンドインレイ。